· 

セイラビリティ伊勢

正式名称

セイラビリティ伊勢

 

設立年

2002年

 

活動拠点

ゴーリキマリンビレッジ

 

会員数

25名ほど

 

所有するハンザ艇

・ハンザ2.3 5艇

・ハンザ303   2艇

 

その他

セイラビリティ伊勢設立当初は使われなくなって野積みにされているOPを探してはもらい受け、改造しながら艇を増やしてました。

 

主な年間活動

年に数回、市の広報で告知をして体験乗船会を実施しています。

また夏休みには地元の小学校の課外体験や市主催の催しでの体験試乗会を行なっています。

毎年、就労支援センターからも試乗に来てくれ大変喜ばれています。

 

8月の海の遠足も恒例行事となり、いつもとは違って少し遠出のワクワク体験やBBQで会員相互の親睦を深めています。

 

年間スケジュール

  4月・練習日 土曜日(2回)

  5月・練習日 土曜日(2回)

  6月・練習日 土曜日(2回)

  7月・練習日 土曜日(2回)

  8月・練習日 土曜日(2回) 海の遠足

  9月・練習日 土曜日(2回)

10月・練習日 土曜日(2回)

11月・練習日 土曜日(2回)

12月・シーズンオフ

  1月・シーズンオフ

  2月・シーズンオフ

  3月・シーズンオフ

 

 

設立のきっかけから現在

 

2002年ALSの病気で車椅子生活の青年が「僕もヨットに乗れるかな?」と呟いたことがきっかけになりホームページでセーラビリティ大阪の存在を知りました。

半信半疑な彼と一緒に大阪北港に出かけました。

そこで障害のある方だけでなく、子供やリタイヤした人たちも一緒になって皆んなが楽しんでいる姿に二人で大感激しました。

この体験をもとに伊勢に帰ってから早速手作りのOPディンギーを改造してこの少年と一緒に海に出ました。

当時(株)ゴーリキの社長であった強力修氏、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターの野口夫妻のリーダーシップのもとセーラビリティ大阪の藤本さん達の支援を受け数名の障がい者とともにセイラビリティ伊勢が発足しました。

(株)ゴーリキからの支援、福祉団体等の支援を受け、発足当初のOP改造艇からハンザクラスディンギーへと艇も移行し安全性、競技性ともに格段の進展を遂げていき現在に至っています。

 

 

WEBサイト

https://www.sailability-ise.com/

 

お問い合わせ先

 

セイラビリティ伊勢 (代表:強力 修)

TEL:0596-36-2104

FAX:0596-36-6003

MAIL:goriki555@yahoo.co.jp

 

セイラビリティ三重の団体紹介はこちら

 

セイラビリティ津の団体紹介はこちら

 

セイラビリティ河芸&AJUの団体紹介はこちら

 

 団体紹介はこちら

 

ボランティアインストラクターの募集をしています!

 

・仕事をリタイヤした人がヨットを覚え、それを楽しみながらボランティア活動もできます!

・小さな子供や青少年が、自分でもヨットを楽しみながらボランティア活動の経験を積むこともできます!

 

興味がある方はぜひお問い合わせ下さい 

 

お問い合わせ先

一般社団法人ハンザ・セイリング・ジャパン

〒516-0001 三重県伊勢市大湊町1125-10

TEL 090-2615-9766
MAIL info@hansajapan.com