カテゴリ:Q&A[よくある質問]



Q&A · 2020/08/30
Sailability会員になるには登録が必要なことがあります。 各団体により登録方法などが違うため、直接お問い合わせください。 団体紹介はこちら
Q&A · 2020/08/17
ハンザ(ヨット)は転覆しないように設計された船ですが、気象状況により多少の水がかかることがあります。 なのでハンザ(ヨット)に乗るときは必要最低限の荷物だけ持ち込むことをオススメします! 特にスマートフォンやお財布をポケットに入れている場合やアクセサリーを身につけている場合は乗り降りする際に落とす可能性があるので注意が必要です。...
Q&A · 2020/06/19
SKUD18はパラリンピックの競技種目。 小型モーターの補助装置を備え、スピードのあるダイナミックなセーリング艇です! ハンザの特長 団体紹介はこちら
Q&A · 2020/06/17
Liverty(リバティ)は操作能力に関わらず操縦しやすい船です。 極端に傾いても浸水することはありません! ハンザの特長 団体紹介はこちら
Q&A · 2020/06/15
ハンザ303は全長3.03mで2枚帆。 設計はハンザ2.3と同じで、転覆の心配がなく安全性よし! 操作方法はハンザ2.3と変わりませんが、帆が2枚になるため操作するシートの数が増えます。 強い風が吹くとハンザ2.3よりスピードが速くなりやすい。 ハンザの特長 団体紹介はこちら
Q&A · 2020/06/13
ハンザ2.3は全長2.3mの1枚帆。 重たいセンターボードを備えているため転覆の心配がなく安心して乗ることができます! ハンザは真っすぐ前を向いてハンモックのような椅子に座って操縦します。 操縦はとても簡単、操縦棒とシートこの2つ! 操縦棒の操作方法は、操縦棒を右に倒すと舵に伝わりハンザは右に回る、左に倒すとハンザは左に回る。...
Q&A · 2020/06/12
ハンザ(ヨット)は2.3、303、Liverty(リバティ)、SKUD18の四種類あります。 また、手を使って思い通りに操作できない人でも操作できるようにサーボモーターと呼ばれる電動サポート機器を取り付けることが可能です。 それぞれの特徴や違いをまとめた記事があります 詳しくはこちら↓をご覧ください! ハンザ2.3 ハンザ303 Liverty(リバティ) SKUD18 団体紹介はこちら
Q&A · 2020/06/05
知識がなくてもハンザ(ヨット)に乗れます、初めから知識はなくて大丈夫です! まずはハンザ(ヨット)に乗って、ハンザ(ヨット)の魅力を体験してみてください。 気になることや知りたいことなどはスタッフやメンバーの人に聞いてみてください。 体験会情報はこちら 団体紹介はこちら
Q&A · 2020/05/10
個人で船(ハンザボート)を所有しなくてもSailability団体に加入していれば団体が所有している船を使うことができます。 詳しくは各団体にお聞きください。 団体紹介はこちら
Q&A · 2020/04/04
ハンザ(ヨット)を始めたい!と思ったら、まずSailability団体が行なっている体験会やイベントに参加してみてください! そこで体験会やイベントに参加してハンザの魅力を感じてください! 地域にセイラビリティ団体がない場合は近くのセイラビリティ団体やHansa Sailing Japanに相談いただけたら何かの助けになるかもしれません。...

さらに表示する

お問い合わせ先

一般社団法人ハンザ・セイリング・ジャパン

〒516-0001 三重県伊勢市大湊町1125-10

TEL 090-2615-9766
MAIL info@hansajapan.com